売れないホステス必見! ダイエット【虎の巻】

ホステスとして売上が伸び悩んでいる…
中々お客様に気に入られない…

そう思っている方、ちょっと鏡を見てみてください。
特にお腹周りや二の腕、顔まわり。
これらの場所がぷにぷにしていませんか?
ホステスは見た目が重要視される職業ですが、同時にどうしても太りやすい原因を作ってしまう職業でもあります。
しかし、それらの理由を「仕方ない」で済ませてはいけません。
売れているホステスたちは、皆さん大変ストイックに、体型維持を続けていらっしゃいます。
顔まわりの肉が少し落ちるだけでも、顔の印象はずっと綺麗になりますよ。

ホステスがダイエットで悩んでいる理由

それでは、ホステスがダイエットに悩んでいる理由とは一体何なのでしょうか?
まずはホステスがダイエットや体型維持に悩みやすい原因についてまとめます。
今現在ホステスとして働いていらっしゃる方の中には、共感できるポイントも多いのではないでしょうか?

食べる機会が多い

お客様に食べ物を勧められたら、断る理由はありません。
高級クラブでは、たまにお客様が出前を頼まれる場合もあります。
お寿司などが多いですね。
「みんなで一緒に食べよう」と言ってお寿司の出前を頼まれたら、頂かないわけには行きません。
クラブでの接客は基本的に夜。
夜の時間帯に炭水化物を食べるのは太ってしまう大きな原因ですが、そこで「ダイエット中なので食べません」と言うと場が白けてしまいます。
そこは「ありがとうございます」と言って食べましょう。
他にも、同伴やアフターに連れて行ってもらうとその大半が食事です。
大体の食べ物が非常に上質で美味しいのでついつい食べてしまうことも…。
何かとお客様と一緒に食事をする機会が多いので、気づけば摂取カロリーが大変なことになってしまいます。

不規則な生活だから痩せにくい

ホステスは基本夜型生活になりやすいです。
その上お客様にアフターに誘われたり、朝から同伴に行くことになった場合はその分遅寝・早起きをすることになるので、規則的な生活からは程遠くなってしまいますよね。
不規則な生活は太りやすい体質にしてしまうと同時に、肌荒れも起きやすくなってしまいます。
太っていて肌もボロボロなホステスに魅力なんてありません。
不規則な生活を送りがちなのは事実ですが、それでも綺麗で居続ける努力を重ねないといけません。
非常に厳しい世界ではありますが、売れているホステスほどその努力を怠らず、常に水面下で努力を続けているのですよ。

ホステスが痩せるために心がけること

太ってからではもう遅い、そんなことはありません。
今からでも痩せて綺麗になることは可能です。
不規則な生活や食事の機会が多いこと自体は仕方がないことと割り切りましょう。
その上で、痩せて綺麗になるための方法があります。
ここでは、辛いホステス生活を送っていても痩せるために心がけることについてまとめます。
簡単に始められることもあるので、ホステスの方はもちろん単純に痩せて綺麗になりたい方もぜひ参考にしてみてくださいね。

同伴の際は炭水化物は控える

同伴の際は炭水化物は控えましょう。
お客様の方からお店を提案された場合は仕方ないですが、もしリクエストを尋ねられたら私の場合、フレンチを提案していました。
なぜかと言うと、炭水化物の塊であるお寿司やパスタを出来るだけ避けたいからです。
炭水化物が少ない、低糖質なメニューが多いものを選ぶことで、太る原因になりやすい糖質、および炭水化物を控えるようにしていました。
もちろん和食やイタリアンに行く場合も、炭水化物をあまり含まないメニューを選ぶことで炭水化物を控えることができます。
しかし、炭水化物を抜きすぎるのは逆に健康に悪いので、ある程度量を決めて摂るようには注意しておきましょう。

甘くないドリンクを中心に頼む

お店でお酒を飲むことも多々あります。
しかし、お酒にも糖質が多く含まれていて太りやすいものがあることをご存知でしたか?
特に甘いカクテル系メニュー、それから米から作られている日本酒や甘口ワインも避けましょう。
甘いお酒は飲みやすいですが、同時に太りやすくもなってしまいますので甘くないドリンクを中心に頼むことで、カロリーを抑えられます。
太りにくいお酒として知られているのがハイボールやウイスキー系のお酒です。
お酒の味が苦手でなければ、出来るだけこれらのドリンクを中心に飲むように意識してみてください。
特にウイスキーやジンは、お酒の中でもほとんど糖質が含まれていません。
糖質制限ダイエットにはまさにぴったりなお酒なんですよ。

睡眠習慣を一定にする

ホステスの仕事はどうしても就寝時間がズレてしまいがちです。
しかし、可能な限り睡眠習慣を一定にしておきましょう。
睡眠習慣とは睡眠時間・起床時間を出来るだけ毎日同じようにすることです。
同伴やアフターの影響で多少ズレることはあるかもしれませんが、それらが無いときは就寝時間と起床時間をしっかり決めておくことによって、健康的で痩せやすい体になります。
起きた瞬間太陽光を浴びることも睡眠の質を高めるために大切です。
睡眠中に太陽光を浴びると逆に眠りが浅くなってしまうので、カーテンはしっかりと閉めてから眠って、朝起きたら必ずカーテンを開けて太陽光を浴びる。
ホステス時代はもちろん、今もこの流れを必ずやっています。

食べたいけど痩せたい人はどうすればいい?

お客様の中にたくさん食べ物をオーダーされる方がいる、美味しそうな食べ物の誘惑にはどうしても勝てない!
そういう方もいらっしゃいますよね。
食べること自体は何も悪いことではありません。
仕事中ならなおさらです。
しかし、食べて何も対策を取らないままでは太るのも当然ですよね。
では、たくさん食べても太らないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

食べた分だけ運動をする

答えは単純で、食べた分だけ運動すれば良いのです。
私も食べることは大好きです。
お米もパンも大好きなのでつい食べ過ぎてしまうこともありました。
しかし、お腹にちょっとお肉がついてきた時にこのままではヤバいと思って運動することを習慣づけ始めて、たくさん食べながらもダイエットすることに成功しました。
ウォーキングやランニングはカロリー消費はもちろん代謝を上げて痩せやすい体質になるためにも効果的です。
代謝が上がることには、痩せやすい体質になることはもちろん美肌にも非常に効果がありますよ。
お金も掛かりませんので、起きてランニングをしてからゆっくり用意を始めるという生活が大変効果的です。
集中的に痩せたい方はジムに通ってパーソナルトレーニングを受けるなど、プロに運動メニューを任せてしまうのも良いですね。
楽してたくさん食べて痩せる方法なんてありませんので、ぜひ日常生活に運動を取り入れてみてください。

サプリメントを服用する

同時に、サプリメントを利用するのも効果的です。
食べ過ぎた時に飲むことでカロリーの吸収を抑えるカロリーメイトは有名ですが、他にも糖質オフに効果的なサプリメントや美肌、むくみ予防に特化したサプリメントもあります。
私のおすすめはCARBOなど、痩せやすい体質作りをサポートしてくれるサプリメントです。
定期的に服用することで痩せやすい体質作りをしつつダイエットをすることで効率をグッと上げることができますよ。
たくさん食べながら痩せたい場合は、定期的な運動とサプリメントをうまく併用することをおすすめします。
あなたの美容やダイエットの悩みを解消するのにぴったりなサプリメントを効果的に服用して、ダイエット効果をより高めてくださいね。

私のおすすめサプリはコチラ