あなたは大丈夫? ホステスなら持っていて当然の持ち物

ホステスなら持っておくべき持ち物【まとめ】

ホステスはお客様にお酌をしながらおしゃべりすることが仕事の中心ではありますが、その際に必ず持っておきたいものがあります。
ホステスたるものこれらの持ち物は持っていて当然。また、持っていて便利。
そう思うものについてまとめましたので、ご紹介いたします。
ホステスとして働き始める方はもちろん、体験入店の際にも必ず用意しておいてくださいね。
これらの持ち物は持っておくと非常に役立ちます。

ハンカチ

まずはハンカチです。
テーブルの上やグラスについて結露を拭くときに必要です。
お酌をした時にうっかり手が濡れてしまった場合に拭くこともできるので、1枚持っておくと大変便利ですよ。
ハンカチは拭くことができれば何でも良いわけではなく、できるだけ上質なものを選びましょう。
タオル地のものは便利ですがホステスの仕事中にはNGとされています。
できるだけ百貨店などで売られているような、薄くて女性らしいデザインのものを選んで仕事中のポーチの中に入れておきましょう。
こだわる方はその日のドレスに合わせてハンカチもコーディネートの一部として選んでいる方もいらっしゃいます。

名刺と名刺入れ

名刺と名刺入れも必須です。
体験入店の際は、お店で用意された名刺に名前を書いてお客様に渡すので名刺については用意しなくても良い場合が多いですが、本格的に働き始めたら自分用を用意しましょう。
デザインについても様々選ぶことができるので、名刺のデザインにこだわりを持っている方も多いです。
ただ、できれば白やパステル系のものを選びましょう。
余白部分にメッセージなどを書き込むことができれば、接客の幅を広げることができます。
同じく必要なのが名刺入れです。
名刺を綺麗に保管しておくために名刺入れも用意しておきましょう。
私はレザー製のものを使っていました。
レザー製のものは実はおすすめで、ものによってはポケットが複数あるものも。
お客様の名刺を自分の名刺と分けて大切に入れることができるので、大変重宝します。

ペンと手帳

仕事内容をメモしておくためにペンと手帳を持っておきましょう。
さらに、手帳は接客したお客様の情報を書き込むためにも必須です。
ベテランのホステスはもちろん、ママもお客様の情報を書き込む手帳を持ち歩いていらっしゃいます。
私も現役時代、通勤用の鞄の中には常に手帳が入っていました。
ボールペンについては、名刺にメッセージを書き込んで渡すこともできるので接客中のポーチにも入れてましたね。
お客様に見られても恥ずかしくないようにちゃんと上質なブランドのおしゃれなボールペンを持ち歩くようにしていました。
インクがちゃんと出るようにこまめに確認やメンテナンスもしておきましょう。

予備のストッキング

ストッキングって、何かと伝染しやすいですよね。
ドレスの装飾などでうっかり破ってしまう場合もあるので、常に予備を持ち歩くようにしていました。
クラブ内で伝染したストッキングを履いて接客するのはご法度です。
とても恥ずかしいことですので、伝染したことに気付いたらすぐにトイレに行くフリをして控え室でストッキングを履き替えましょう。

ライターorマッチ

タバコを吸われるお客様の場合、タバコに火を点けるためにライターかマッチは必須です。
キャバクラでは扱いが簡単で、ゴミも出ないライターを使う方が多いですがクラブでは意外とマッチを使うホステスが多いんですよ。
最近では火を点けるという場面ではライターを使うことがほとんどです。
しかし、雰囲気の良い老舗のクラブで、マッチを使ってタバコに火を点けてもらえるというのは非日常感を演出することができます。
クラブでの時間をより特別なものとして感じてもらうために、マッチはおすすめです。
特に銀座などの老舗の高級クラブで働く場合は、マッチを利用すると喜ばれることが多いですね。
同じく、上質で趣深いジッポライターを使うのも渋い雰囲気が出ます。